• テンスタイルヨガスタジオ事務局

世代を超えてヨガで繋がる仲間たち



年の差なんて関係ありません。

みんな一緒に楽しめる、ヨガの魅力とは。

草木が芽吹き、花が咲き、ツバメは大忙し、命がイキイキと輝く季節となりました。みなさまはいかがお過ごしでしょうか。今日はテンスタイルヨガスタジオの「100年ヨガ」模様を通してヨガの魅力をご紹介したいと思います。

 

100年ヨガとは

人生100年時代。車を長持ちさせるためには日ごろのちょっとしたメンテナンスが大事であるのと同じように私たちの心身も日ごろのメンテナンスが大切です。歯磨きや入浴、睡眠と同じように筋肉を鍛えることも大切なメンテナンスです。 このプログラムでは無理なく筋肉が硬くならないようにすることと鍛えることが同時に出来るメンテナンス方法としてヨガを活用しています。脚力に不安がある方は椅子に座っての参加も可能など、ハイシニアの方に限らずロコモティブシンドロームの予防、サルコペニア予防をしたい方、体力の回復期にある方や、強度の低いヨガをしたい方など、さまざまな方にご参加いただいているレッスンクラスです。

 

個別性を尊重できるヨガ

先日のレッスンでは、最年長が88歳、最年少が31歳、年齢差57歳という方々がご参加くださいました。体力だけでなく、柔軟性や筋力はもちろん、不調もさまざまにあり、レッスンを受ける目的も違います。一緒にスポーツを楽しむことは難しいでしょう、しかし、ヨガは個別性を尊重して一緒に楽しむことが可能なのです。

 

受け取る側がコントロールできる

年齢、体力、目的も異なる31歳~88歳の方が一緒にレッスンができてしまう理由は、ヨガのレッスンが強度や方法、目的を自分でコントロールできるところにあります。スタッフが示す手本のポーズと全く同じように出来なくても何ら問題ありません。リラックスを目的であれば自分自身の身体の様子を観察し、ポーズによる痛みを感じるような状態で無理をすることなく「心地いい」と感じる状態で行い、足に痛みがあれば椅子に座って行うこともでき、椅子も避けたいときには仰向けに寝たままでも出来るのです。

 

ヨガで繋がる仲間同士の素晴らしさ

大先輩の皆さんが揃う100年ヨガのレッスンで特に感じることは、好きなこと、好きなものを介して繋がり集う仲間同士では年齢って関係ない、ということです。ヨガで繋がった仲間同士ですから会話も盛り上がります。若い方は先輩方のようになりたいと憧れ、先輩方は若い方と交流し更に若々しく!元気でしゃんしゃんです!とても敵いません。わたしたちにとって大先輩方は師匠のような存在です。

 

いつも大切な気づきや学びを頂いています。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 


心と身体が軽くなる

テンスタイルヨガスタジオ

閲覧数:62回

最新記事

すべて表示