• 心と身体の栄養ブログ はちぶんめ

二十三候 紅花栄



【新暦:およそ5月26日~5月30日ころ】

小満 次候 紅花栄(べにばなさかう)

紅花が咲くころ


みなさんは紅花が咲いているところを見たことがありますか?主に東日本での生産が多いそうですが、調べてみると、日本に渡来した頃は肥後(熊本)、遠江 (静岡県)、尾張 (愛知県)、相模 (神奈川県)、奥州の仙台(宮城県)、出羽の最上 (山形県)で栽培されていたものが産地化が進み、生育条件にあう土地で盛んに栽培されるようになって、現在の最多生産地は山形県だそうです。

 

紅花は赤色だと思っていたのですが、咲き始めは黄色で生長につれて赤く変化するそうです。英語ではサフラワー、サフラワーオイルは紅花だったんですね。和名の紅花(べにばな)は紅色の染料をとったことに由来するそうです。


花は、観賞だけでなく、香料にも、染料にも、そして食用にもと、大活躍ですね。熊本でもリンドウやバラをはじめ様々な花が栽培されています。バラと言えば6月2日は「6(ロ)ー2(ズ)」で「バラの日」だそうです♪熊本にはバラ園もたくさんありますね。美しい姿と香りで心身を癒してくれる花々。花がある暮らし、素敵ですね。みなさんはどんな花が好きですか?

 

心と身体の健康に寄り添う

熊本・テンスタイルヨガスタジオ

最新記事

すべて表示